美味しさを保つ冷凍方法

お米をおいしく冷凍しよう

美味しいお米を、おいしいまま冷凍いる方法。まず絶対守ることは一つだけ、炊きたてを即冷凍すること、時間が立てば立つほどおいしくなくなるのは、どの食材でも同じだと思います。お米も同じです。あとはどう冷凍すればいいのか、色々試しましたが、私がたどり着いたのはおにぎりです。でもぎゅっとお弁当にいれるようなむすび方でなく、もうほんとうにラップにふわっと乗せて、なるたけつぶさず密封して早目に冷凍すること、急速冷凍機能がない冷蔵庫でもアルミのトレイを敷いておくだけで十分大丈夫です。そして解凍の時はできればレンジで2・3分かけたあと、炊飯器にもどして保存、全体にあたたまったら、しゃもじでほぐす。私的にはこれが一番おいしく冷凍、そして解凍ができました。タッパじゃだめなの?と言う人もいるかもしれません。入れるお米とタッパのサイズが同じでお米のつぶがつぶれないように蓋ができればそれでもいいです。でも解凍時タッパの臭いがお米についてしまったりするので私はラップがおすすめです。

お米の美味しさを損なわずに保存できる冷凍保存のコツ

炊いた米をできるだけ美味しい状態を保って保存できる方法が、冷凍保存です。米に含まれるでんぷんは、低温の時に劣化が進むと言われているので、冷蔵保存するのではなく、急速冷凍して保存するのがおすすめです。炊き上がった米はなるべく早いうちに、一食分ずつラップに包んで平らにして、冷凍して下さい。米は小分けにしておいた方が、食べる時に食べたい分だけさっと解凍できて、便利です。また、ふっくらとした美味しい状態のままで保存するには、強く握ったりせず、ラップを緩めにしてふんわりと包むようにしましょう。冷凍庫に入れる際には、金属のトレイやバットの上にラップで包んだ米を置いてから冷凍すると、短い時間で急速に冷凍することができます。冷凍した米は、1ヶ月から2ヶ月程度は保存が可能ですが、冷凍していても、米が完全に劣化しないわけではありません。より美味しく食べるなら、3日間を目安に食べるようにしましょう。

冷凍しておくとお米も美味しく保存できる

毎日ご飯を食べたいけれど、一人暮らしの場合などは毎日炊くのが大変だという方も多いでしょう。かといって、炊いてから冷蔵庫などに保存しておくと、水分が抜け美味しくないものになってしまいます。そうするとどうしてもごはん離れが進んでしまいます。
いつもおいしいお米を食べられるようにするには、保存方法に工夫をしましょう。冷凍すると長期間保存がききますし、風味も落ちにくいのでお勧めです。一食分だけをラップで包み、小分けして冷凍しておくと、欲しい分だけ解凍して利用することができます。お休みの日にお米を炊いて、分けて冷凍しておけば忙しい日でも解凍するだけで美味しいごはんが楽しめます。温かいうちにラップに包んでおくのが、水分が飛ばずに美味しく保存するコツです。急速冷凍などができる冷蔵庫なら、よりおいしく保存することができるでしょう。